所見作成に便利なExcel関数を紹介します。せっかく所見を考えたのに文字数が合わずにやり直しとなってはもったいないですよね。個人差があってもいけませんし、学年間で違いが大きすぎてもいけません。また、前期・後期で違ってもよくありません。まさか、1文字ずつ数えるなんていう効率の悪いことは・・・。時短につながる便利な技も掲載します。

▶ スポンサードリンク

文字カウント(LEN)

 所見を考える際に、文字数がどれくらいになっているのかを意識しながら考えたいという方もいるとおもいます。Excelの機能ですがこの関数を使うと入力した所見文が何文字になっているかを一瞬で表示してくれます。その方法を説明します。

① Excelの表を使って所見一覧を作成し、文字数という列もつくります。

② 文字数を表示したいセルをクリックし、関数のマークをクリックします。

③ 文字列関数「LEN」を探し、指定します。

 こんなのが出てきますので、「関数の分類」を文字列操作にして、関数名の中からLENを探してOKを押します。

④ 文字を数えたいセルを指定します。

この場合は元就君の所見「B2」のセルを数えたいのでそこをクリックしてOKをします。

⑤ 他のセルに反映させます。

 文字数が表示されたらセルの角をクリックし、下の方にダーーーーッと伸ばしていくとその数式がコピーされていきます。

以上です。参考になれば幸いです。